小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2244
「キラとレグル」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「キラとレグル」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(50)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(114)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


キラとレグル

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介

未設定


サソリ

前の話 目次 次の話

 村を出て三日目の早朝。キラはテントの中で目を覚ました。もう見慣れたテントの白い天井が目に入る。だが何かがおかしい。さっきから頬っぺたがモゾモゾと痒いのだ。何かの動く異物がキラの目にボヤけて映った。段々と焦点が合うと……サソリだ! 艶やかな飴色をしたサソリは尻尾を振り上げ、キチキチと体を揺らしている。
 
「マーニー!」
 
キラは恐怖で身動き出来ずに叫んだ。マーニーは直ぐに目を覚ますとキラの元へと忍び寄り、素早くサソリを捕まえると、ガラス瓶の中へ入れた。
 
「大丈夫か?」
 
「ええ、まだ刺されてはいないわ。それ、どうするの?」
 
「これはな、こうして……」
 
言いながらマーニーは瓶にウォッカをなみなみと注いで、蓋をした。
 
「サソリ酒にするんだ」
 
「サソリ酒?」
 
「滋養強壮に良いんだぞ」
 
「どうした?」
 
ビランが目を覚ました。チトはこの騒ぎにもびくともせず眠っている。
 
「サソリだ。捕まえて、瓶詰めにしたよ」
 
マーニーは瓶に入ったサソリをビランに見せた。
 
「こいつは……。猛毒の奴だな。大丈夫か?」
 
「大丈夫だ。誰も刺されてない。キラの顔の上に居たんだ」
 
「ほう。サソリも美人がお好みなのかね?」
 
ビランがキラを見て笑った。
 
「サソリにモテても嬉しくないわ」
 
キラは頬を膨らますと、毛布を畳み始めた。
 
 チトを起こして朝食を摂ると、ニームの木の小枝で歯磨きをした。小枝の先の皮を薄く剥ぎ、歯で噛み砕いてブラシ状にして磨くのだ。木の樹液が天然の歯磨き粉の役割をしていた。
 
 テントを畳むとキャラバン隊は出発した。キラはラクダの上から周囲をぐるりと見渡した。この辺りは僅かだが木や植物が生えている。焼け付く褐色の大地に緑が安らぎを与えていた。ふいに茂みから黄金色の塊が飛び出して、キャラバン隊の前を猛スピードで横切って行った。
 
「マーニー! 今のは何?」
 
キラは叫んだ。
 
「砂ギツネだ! すばしこいから、罠でも使わなければ捕まえられないし、食っても不味いぞ」
 
「別に食べたい訳じゃないわ。砂漠って不毛の地だと思っていたけど、動物も居るのね」
 
キラは砂ギツネの走り去った方を見詰めながら呟いた。

後書き

未設定


作者:コツリス
投稿日:2020/01/29 22:59
更新日:2020/01/29 22:59
『キラとレグル』の著作権は、すべて作者 コツリス様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:2244
「キラとレグル」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS