小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:2259
「キラとレグル」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「キラとレグル」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(49)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(111)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


キラとレグル

小説の属性:一般小説 / 異世界ファンタジー / 批評希望 / 初投稿・初心者 / R-15 / 連載中

前書き・紹介

未設定


井戸

前の話 目次 次の話

 昼過ぎ、一行は小さなつるべ式の井戸に辿り着いた。粘土質の地面に深い穴が掘られており、周囲を石で囲ってある。隣に家畜用の大きな水飲み桶が設置してあった。
 
「よし。着いたな。今日はここで水を補充していくぞ。ラクダ達にも水を飲ませるんだ」   

 マーニーはラクダを降りて指示を出した。チトがつるべを井戸に落とし、ガラガラと引き上げる。水の一杯入ったつるべをビランが受け取って、隣の水飲み桶に開けた。
 
 炎天下、延々二十回もつるべを引き上げ、水飲み桶を一杯にした。マーニーはラクダ達を連れてくると、水を飲ませる。ラクダ達は言われるまでもなく、嬉しそうに水を飲んだ。次は人間用である。
 
 今度はビランがつるべを引き上げた。マーニーは荷物からヤギの皮で出来た大きな袋を四つ下ろして、漏斗《ろうと》をキラに渡す。
 
「これを袋の口に差して、押さえていてくれ」
 
チトが受け取ったつるべから漏斗に水を注ぐ。四つの袋が満タンになると、それぞれ個人用の水筒に水を入れた。
 
「砂漠の真ん中に井戸が有るだなんて、想像していなかったわ」
 
キラは水を一口飲んで言った。
 
「この辺りは地下水脈が通っているのさ。だから地上にも植物が生える。昔から我々キャラバン隊の給水基地だ」
 
マーニーはラクダの首を撫でながら答えた。
 
「他にも給水基地はあるのかしら?」
 
「勿論だ。キャラバンのルートは給水基地を辿るように出来ている。どれだけ給水基地を把握しているかで、優秀な隊長かどうかが決まると言っても良い」
 
「じゃあ、水の心配はしなくて良いのね」
 
「井戸が枯れない限りはな」
 
「じゃあ、お前たちも安心ね」
 
キラはラクダの鼻面を優しく撫でた。
 
「ブヒィーン!」
 
ラクダがぎこちなく鳴いて、首を振る。
 
「それは駄目だぜ。ラクダは鼻面とか頬とかに触られるのを嫌がるんだ」
 
チトはラクダに近寄り、
 
「ラクダはほら、こんな風に首とか脇腹を撫でてやるのさ」
 
言いながら脇腹を撫でた。
 
「そうなの。知らなかったわ」
 
キラは言われた通り脇腹を撫でた。ラクダは気持ち良さそうに目を細めた。
 
 人心地付いたキラは、周囲を見渡した。井戸の向こうに、何かキラキラと光る塊がある。不思議に思って近づいてみると、大きな薔薇の花の形をした鉱石だった。まるで砂糖でコーティングされているかの様に、表面に砂が着いている。
 
「ねえ! これは何かしら?」
 
キラはマーニーに向かって叫んだ。マーニーはキラの所へ歩いていって塊を見た。
 
「これは『砂漠の薔薇』だ。ミネラルが固まって出来るのさ。水の有る所に良く出来る。街では高値で取引されているから、持っていって売ると良い」
 
「綺麗な石ね」
 
キラは袋を持ってきて、砂漠のバラを詰めた。

後書き

未設定


作者:コツリス
投稿日:2020/02/04 21:20
更新日:2020/02/04 21:20
『キラとレグル』の著作権は、すべて作者 コツリス様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:2259
「キラとレグル」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS