小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:379
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(174)・読中(0)・読止(1)・一般PV数(689)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


序章

目次 次の話

私は父上の前にいる。

「まだ荒れているのか、リノ。いい加減諦めなさい。お前はこの国の王女なんだぞ」

それだけ言って父上は奥に入っていった。

「分かってる、そんなことぐらい」

私は誰にも聞こえないような小声で呟いていた。

私は部屋へ戻り、ドレスからラフな服へと着替えた。

「父上はいつもそればっかり。いい加減聞き飽きちゃうわ」

私はいつもこんな毎日を過ごしていた。

ふと部屋を見回してみたら、世界地図に目が入ったの。

「改めて見てみると、世界って広いわね?」

そんな感想を抱いていた。

「私たちの住んでいるグランドパレスはここ、一番近い街はっと・・・」

そこには、『ガルイ』と書いてあった。

「ここはどんな街なのかしら・・・」

そう思い私は決心した。

「よし、この王国を出よう!」

ここから、私のストーリーが始まったの。



       ☆☆☆



いつでも旅に出られるように、ドレスの下にはラフな格好をして過ごしていたわ。

「リノ様、夕食の時間でございます」

クリスチャンがそう言って部屋に来た。

「分かったわ、少ししたら行くから先に行っててちょうだい」

そう言うと、クリスチャンは静かに扉を閉めた。

「ふふ・・・どうやら下に着ている服はバレていないようね」

そして夕食のため、1階に降りて行ったわ。



       ???夕食後???

「さて、旅の用意をしなきゃ・・・」

そういうと私はやや大きめのバッグを取り出した。

「え?っと世界地図にお金、替えの着替えに・・・」

私は旅に必要と思われる物をバッグに詰めていった。

「方位磁石に、あっ、忘れるところだった!」

そう言って母上の写真が入ったロケットを手に取ったの。

「母上、私は旅に出ます。どうか見守っていて・・・」

そんな願いをかけながら首に下げたわ。

そんなことをしていたら、いつの間にか時間は深夜。

クリスチャンが私の部屋の前に来て言ったわ。

「リノ様、もう夜はふけています。寝る時間ですよ」

「分かったわ。お休み、クリスチャン」

「お休みなさい、リノ様」

そう言って私は旅の支度を終えて、ベッドに入った。



      ☆☆☆



旅の仕度を終えた私は、王宮の警備を確認したわ。

「う?ん、やっぱり夜は警備が硬いわね・・・」

双眼鏡片手に外を見回す私。

外をよく見渡すと、一箇所だけ、警備が薄いところがあったわ。

「よし、あそこからなら・・・」

でも、警備が薄い理由はひとつだけ。

それは出入り口がないから。

でも私はどうにかして外にでなければならなかったの。

「あそこに一番近い出入り口は・・・」

王宮の断面図と設計図を見てみたわ。

「一番近いのは厨房裏かぁ・・・よし、そこからなら・・・」

そう言って部屋を抜け出したの。



      ???30分後???

「ふう。ようやくここまで来れたわね・・・」

私は王宮内の警備を潜り抜けてやっと厨房までたどり着いたわ。

「よし、誰もいないわね・・・」

出入り口から周りを見回してみると、やっぱるここは警備が薄かったわ。

「まさかこんなところから進入する輩なんていないでしょうからね・・・」

そんな独り言を呟きつつも、私は王宮の外に出て、ガルイの街へと続く街道へと向かったの。



        ☆☆☆



     ???王宮???



「リノ様ーーどこにいらっしゃるのですかーー」

「王宮内にはいないみたいだ」

「近郊を探せ!遠くには行ってないはずだ」



     ???街道???



「ここからは、道に沿っていけばいいのよね・・・」

私はがそんなことを呟いていると、

「リノ様ーーー、リノ様ーーー」

どこからかそんな声が聞こえてきたの。

「もうバレちゃったのかしら・・・急がなきゃね・・・」

そう自分に言い聞かせて、早足で街道を進んで行ったわ。



     ???王宮???

「どうやら王宮にはいらっしゃらないようです」

「王様、どうなされますか?」

「うーむ、もう少ししたら決断をする。しばし待っておれ」

「かしこまりました」



        ☆☆☆



私は街道を早足ぎみで進んで言ったわ。

「そろそろ着いてもいいんだけど・・・」

その頃、私はロクに運動することもなかったから体力がなくて疲れたわ。

顔を上げて双眼鏡を覗くと、確かに街は見える。

だけど私は、街道を進むだけでここまで疲れるとは思っていなかったの。

『もう少しだから、頑張ろう・・・』

そう心に言って、また一歩進みだしたわ。



     ???30分後???

「やっと街の前にたどり着けたわ・・・」

時刻は夕暮れ頃になってしまっていたわ。

だけど、そこは人で賑わっている、柔らかい雰囲気の街だったの。

「さあ!今日は安売りの日だよ!」

そう店の店主が言うと、直後に人で埋め尽くされるほどだったもの。

「お嬢さん、街の中には入らないのかい?」

急に背後から声が聞こえたから、私は一瞬硬直してしまったわ。

「あ、入ります。すみません」

「?どうしてあやまるんだい?」

そう言われると顔が真っ赤になるほど恥ずかしくなったの。

街へ入ると急いで宿を見つけて、今日のことを日記に書いたわ。

「今日だけでいろいろなことがあったわね・・・」

外を見るとすっかり夜。日記も書き終わった私は寝ることにしたの。

「おやすみなさい、母上」

そう言って私は眠り始めたの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/07 14:01
更新日:2010/10/24 00:27
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

目次 次の話

作品ID:379
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS