小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:437
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(67)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(201)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1章 5話

前の話 目次 次の話

(そういえばこれからどうしようかしら・・・)

そう思って地図を開いてみると、この近くに港があることが分かったの。

「今私がいるのがバルジア大陸で、海を渡るとショロズ大陸かぁ・・・」

よく見ると、間に島が多くあることも分かったわ。

「定期船がどこに向かうかは分からないけど、島々を渡って向こうの大陸へ行くのも悪くないわね・・・」

そう決定すると急ぎ目に荷物の整理、明日の仕度をしたの。

「よし、明日の朝ここを出発して、ウォーラの港町へ出発。昼ごろには着くかしら。」

と、仕度をしていると

「おいっ」

急に誰かが部屋に入ってきたの。

「びっくりしたぁ。ってヴァニスじゃない。どうかしたの?」

「お前の声、隣まで駄々漏れだぞ?」

「え?」

そう言われるとそうだったかも。

予定決めてたら張り切ってたし・・・

そんなことを言われると急に恥ずかしくなって、俯いたの。

「ま、それはどうでもいいんだが・・・」

「それじゃあなんで指摘したのよっ!」

「だから声でかいって・・・」

「で、何の用?と言うよりもなんでアンタが私の部屋に?」

「俺の部屋隣だし・・・つうか本題そこじゃねぇ。」

「さっさと言いなさいよ。」

「お前旅してるんだろ?俺もついていくよ。」

「え?」

この返事が本日2回目だと言うことを自覚してなかったから、後々恥ずかしかったんだけどね。

「だから、お前の旅に俺も動向するってこと。」

「いいの?最終目的も決まっていない旅よ?」

「俺も流浪の身だからな。どこへ行こうと俺の自由なんだよ。」

「ありがとう、助かるわ。元々あの試合に私が参加した理由が、一番強い相手を仲間にすることだったしね。」

「ま、とりあえずよろしくな。」

「こちらこそ。」

握手をするとお互い部屋に戻って仕度を始めたの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/18 21:51
更新日:2010/10/18 21:51
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:437
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS