小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:431
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(220)・読中(1)・読止(7)・一般PV数(690)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1章 4話

前の話 目次 次の話

「・・・今ここでは名乗れないわ。知りたかったら後で宿屋まで来て・・・」

私はそう小声で話すと早足で宿へ戻ったわ。

(本当に来たらどうしよう・・・本当のことを話すべきかしら・・・)

そう思いながら宿への道を歩いていると、武具屋で砥石が売っているのを見たの。

(さっきの試合で刃こぼれしてるわね・・・)

そう思って、私は砥石を買ったの。

これからも剣は使うだろうし、刃こぼれも気になってたから。

代金を支払って宿へ帰ったの。

「ふう、今日も疲れたわね・・・」

外を見るとすっかり日も暮れていたわ。

そんなとき

コンコン

ノックの音が聞こえたの。

「俺だ。」

(うそっ、本当に来ちゃったの!?こうなったらもう覚悟を決めて本当のことを言うしかないわ!)

そう意を決すると

「いいわよ、入って。」

そう言うとヴァニスは入ってきたわ。

「礼は戦う者にとっては基本だからな。」

「分かったわ。私はリノ。リノ・クライラ・グランドパレスよ。」

「グランドパレスって言うと、最近王女が国内に入ることを禁じたっていう・・・」

そこまで言うと察してくれたみたい。

「ってことは、アンタはグランドパレスの王女様ってとこか。」

「ええ、そう。あの国が嫌になって国外に出たってわけ。」

「こんな王女じゃ国王もあんなお触れだすわな。」

そこまで言うと、彼は部屋の入り口に立って、

「邪魔したな。聞かないほうがよかったか?」

「ううん。他人に話せてスッキリしたわ。心のモヤモヤが晴れた気分よ。」

「そうか」

そう言うと彼は、部屋を出て行ったの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/17 21:24
更新日:2010/10/17 21:24
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:431
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS