小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:423
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(184)・読中(1)・読止(6)・一般PV数(659)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1章 3話

前の話 目次 次の話

開始の掛け声とともに男は同じ戦法を使ってきたわ。

「一度見てた攻撃が通じると思って!」

そう言うと剣を構えて鍔迫り合いに持ち込んだわ。

ガッギィィィ!という音、火花が出るような様、だったわ。

「流石、これまで勝ってきた相手を一瞬で倒すだけあるわね・・・」

私は全力を出しているのにもかかわらず、男は平然とした顔だったの。

(私の力がどのくらいか試したい、なんて言えないわね・・・)

だんだん圧され気味になってきたから、私は後ろへ飛びのいたわ。

周りを見るといつの間にか観客が戻ってきていたわ。

「いいぞー嬢ちゃん」

「こんな試合じゃ負けられないなあ、オイ」

そんな応援の声が聞こえてきて、観客のほうへ一瞬気が向いた時に

「余所見とは、いい度胸だな」

(ヤバ・・・)

その一瞬で勝負がついたわ。

悔しいけど負け。

私は実践不足をよく思い知ったわ。

「嶺打ちだ。立てるか?」

そう言って手を差し伸べてくれたわ。

「俺はヴァニス。お前は?」

「私はリ・・・」

「?」

危ない危ない、私がグランドパレスの王女だと知られたらここを出て行かないと・・・

間一髪だったんだけど、どうやって名乗ろうかしら・・・

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/16 22:48
更新日:2010/10/16 22:48
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:423
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS