小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:454
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(239)・読中(1)・読止(0)・一般PV数(682)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第1章 8話

前の話 目次 次の話

(来る!)

その瞬間に私は身をかがめて迫り来る太刀筋を避けたの。

「ちょこまかと、ウザってぇ!」

私はその瞬間を狙って、剣の柄の部分で鳩尾に打撃をくらわせたの。

「くっ、上等じゃねぇか!」

「いいのは威勢だけなのかしら?」

勿論ハッタリに決まっているわ。2対9なんてほとんど勝ち目なしだもの。

でも1対1に持ち込んでいけば必ず勝てる!そう思ったの。

でもそのとき

「ヒュヒュン」

また短剣を投げつけてきたわ。

(いつの間に5人が外側へ・・・)

でも私は目の前の敵に精一杯だったから、来たら避ける。

この動作しかできなかったの。

「これでまた優勢になったな。どう甚振っていこうかぁ?」

「くっ!」

飛び交う短剣を避けつつ、相手の太刀筋も避ける。

けっこう難しい動きだったわ。

「でも、・・・ここ!」

ヴァニスがやっていた一瞬で詰め寄る技を見よう見真似でやってみたの。

「これで終わりよ!」

剣の柄で相手の首を殴りつけ、やっと1人減ったわ。

彼のほうへ目をやると

(え?なんで?)

服が切傷だらけのヴァニスが立っていたの。

(まさか、あんな敵なのに?)

その頃の私はまだ考えも浅く、弱かったの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/21 20:39
更新日:2010/10/21 20:39
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:454
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS