小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:947
「生死の交わる学校で」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「生死の交わる学校で」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(34)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(146)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


生死の交わる学校で

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


「無くしたくないもの」

前の話 目次 次の話







 天はあたしを覚えていた。

 失われたはずの記憶、だけど彼はどうやら完全に忘れてしまったわけでないないみたい。だから、思い出した。わずかでも。

 このことをルームメイトであるこなゆきに伝えたら複雑そうな顔をした。

「わたし、また仲良くやっていけるでしょうか?」

「さぁね……」

 あたしは苦笑いで答える。

 何せいきなり喧嘩で再会だ。最悪極まりない。しかも天自身にはあたしたちは他人。不気味だろう。

 だけど。それでもいいのだ。この気持ちだけはあたしの中で変わらない。

 あいつがたとえ天という「別人」だとしても。あたしはその天を好きになる自信がある。今まで口に出していないけれど、あいつのことをあたしは大好きだった。小さいときも、この場所からいなくなるときも、そして今日、再会してからも。あいつの黄土色と空色の瞳に、光が宿るのをあたしを確かにみた。

 だからあたしは今でも大好きだ。いや、愛している。天を。この気持ちはあいつのいなかった7年間、どんどん膨らんでいた。もう暴走寸前だ。

 いや、もう暴走してもいいと思う。もう気持ちに嘘はつかない。だってあたしにはもう後がない。残された命は、あと一年もないんだ。だから、あたしは。







(最後の我が儘……通させてもらうわ、天。約束、したんだからね)









 ――――その気持ちは。黒き翼よ。主一人のものではない。

 ――――対となる白き雪もまた、同じ純粋な思いを抱いているのだよ。









(たとえ。わたしの我が儘でも、それでも。椎名さんには負けられない。わたしの残された時間は、全て。あまつくん。あなたのために使います……)

後書き


作者:orchestra army
投稿日:2012/01/15 16:47
更新日:2012/01/15 16:47
『生死の交わる学校で』の著作権は、すべて作者 orchestra army様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:947
「生死の交わる学校で」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS