小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:468
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(67)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(201)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第2章 2話

前の話 目次 次の話

「髪を切るとは言ったものの、どんな感じにしようかしら・・・」

私たちは一度宿へ戻って、私の髪を切ることにしたの。

「助言でもしようか?」

「迷ってるだけよ。短いほうが戦闘では有利だろうけど。」

「分かってるならいい。俺はそのあたりでも歩いてくるから。」

「あっそ。どうぞ勝手に。」

皮肉気味に言っても彼は動じない。あんな冷静さが欲しかったりするんだけどね。

(とは言ったものの鏡は見難いし、どうしようかしら・・・)

こんなことなら彼に残ってもらってどのくらいか見てもらったほうがいいのかもと思ったりもしたんだけど。

「とりあえず、この辺りかしら・・・」

腰まである髪を切るのはなんだか気が引けたんだけど、しょうがなく肩の辺りまでにそろえたわ。

「そのうち伸びてくるだろうし、今はこのくらいかな。」

その後細かいところを揃えたりして、散髪終わり。

「前とは全然軽いわね。」

そんな感想を抱きながら、私は外に出たの。

すると

「船が出港できないってほんとか!?」

「ああ、なんでも海賊がでてるらしい」

そんな声が聞こえたの。

(急いで彼に知らせなきゃ!)

今自分が冷静でないことを私は自覚してなかったわ。

(何処にいるのよ、こんな時に限って・・・!)

私は冷静さを欠かしているともしらず、宿屋の周囲から走って探し始めたの。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/24 01:20
更新日:2010/10/24 01:20
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:468
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS