小説を「読む」「書く」「学ぶ」なら

創作は力なり(ロンバルディア大公国)


小説投稿室

小説鍛錬室へ

小説情報へ
作品ID:480
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

あなたの読了ステータス

(読了ボタン正常)一般ユーザと認識
「ストーリー・オブ・ジャスティス」を読み始めました。

読了ステータス(人数)

読了(58)・読中(0)・読止(0)・一般PV数(185)

読了した住民(一般ユーザは含まれません)


ストーリー・オブ・ジャスティス

小説の属性:一般小説 / 未選択 / 感想希望 / 初級者 / 年齢制限なし / 休載中

前書き・紹介


第2章 3話

前の話 目次 次の話

私は未だヴァニスを見つけられなかったの。

「何処に行ったのよ、もう!」

そんな怒りも虚しく、見つけられていないのだけど。







「あれは・・・・」

そこでやっと見つけたの。

(こんな時に限って遠くに・・・)

やっと彼を見つけ、ラストスパート。

「やっと、見つけ、た、わ・・・」

「・・・・目立ちすぎだ・・・」

この辺りでやっと冷静になれた私は、周りがかなりこちらに向いていることに気づいたの。

(人の流れに逆らっていたものね・・・)

「で、俺に用があるんだろ?わざわざ走ってきたんだからな。」

「あ、うん。でもここじゃちょっと・・・」

そう言って一度宿へ戻ったの。







「えっと、次の目的地って大陸間にある島々よね?」

「ああ、そう言ってたな。」

「ここからその1つに向かう船が出港できなくなったらしいの。」

「本当か?」

「ええ、なんでも海賊が出没してるらしいわ。」

「何?どこのヤツらだ?」

「知らないわよ、そんなことまで。どうしたの?」

「いや、なんでもない・・・」

(まさかアイツが・・・いや、そんなことはないと思うが・・・)

私は彼が何を思っているか、全く分からなかったわ。

後書き


作者:ルカナ
投稿日:2010/10/26 22:03
更新日:2010/10/26 22:03
『ストーリー・オブ・ジャスティス』の著作権は、すべて作者 ルカナ様に属します。

前の話 目次 次の話

作品ID:480
「ストーリー・オブ・ジャスティス」へ

読了ボタン


↑読み終えた場合はクリック!
button design:白銀さん Thanks!
※β版(試用版)の機能のため、表示や動作が変更になる場合があります。
ADMIN
MENU
ホームへ
公国案内
掲示板へ
リンクへ

【小説関連メニュー】
小説講座
小説コラム
小説鍛錬室
小説投稿室
(連載可)
住民票一覧

【その他メニュー】
運営方針・規約等
旅立ちの間
お問い合わせ
(※上の掲示板にてご連絡願います。)


リンク共有お願いします!

かんたん相互リンク
ID
PASS
入力情報保存

新規登録


IE7.0 firefox3.5 safari4.0 google chorme3.0 上記ブラウザで動作確認済み 無料レンタル掲示板ブログ無料作成携帯アクセス解析無料CMS